【WordPress】インストール後の設定

ワードプレス開設時の状態とは?

ワードプレスによりサイト・ブログを立ち上げました。

ドメイン(URL)でサイトへのアクセスが可能になり、インターネット上に自分のサイトが存在している実感を得たと思います。

「あとは記事ページを作って、検索されればユーザーが来る!」と思っている人も多いと思います。

が、それは大きな間違いです。

記事を作成し、ユーザーが関連ワードで検索をしたところで、あなたのサイトは検索結果に表示されません

インターネット上にサイトを設置しても、あなたのサイトはポツンと孤立した状態にあります。

ただ存在しているだけで、全然認識されていないのです。

他サイトに認識されていないどころかGoogleやYahoo!からも認識されていない状態です。

これではいくら記事を増やしたところでアクセスはありません。

そんな初期の孤立状態から少しでも早く抜け出す為の設定をしましょう。

最初にやっておきたい設定

記事を作成する前に済ませておきたい設定を紹介します。

最初に設定を済ませてしまえば後はサイトを構築していくだけになります。

更新情報サービス

左側メニュー→設定→投稿設定

更新情報サービス(PING送信)とは、サイト・ブログが新しい記事を投稿した時に、記事タイトル概要(ディスクリプション)URLなどの記事ページの情報を、登録してあるPINGサーバーに、送信してくれる機能のことです。

この機能を有効に使うことにより、孤立した状態から抜け出すことができます。

活用方法は下の記事を参照してください。

パーマリンク設定

左側メニュー→設定→パーマリンク設定

この設定で記事ページのURLが変わります。

基本設定だとURLに記号が入ってしまいます。

投稿名数字ベースがよく使われています。

投稿名だと検索結果に表示された時、URLを日本語で表示させることができます。

検索したユーザーに検索ワードとサイトの関連度を直感的に伝えることができます。

不可欠とも言えるプラグイン

ワードプレスを運用していく中で必要なプラグインを紹介します。

サイト立ち上げ時にまとめて入れておきましょう。

左側メニュー→プラグイン→新規追加→検索
でプラグインを探せます。

Google XML Sitemaps

Google XML Sitemapsはクローラーと呼ばれるシステムにブログを巡回してもらうためのプラグインです。

クローラーとはWEBサイトを巡回し、検索エンジンに反映するシステムです。

Google XML Sitemapsは自動でGoogleに合わせたサイトマップを構築し検索エンジンに通知してくれます。

新しい記事をインターネットに認識させるプラグインだと思っておいてください。

All in One SEO Pack

All in One SEO Packは面倒なSEOの設定を簡単に行ってくれます。

また、使用するテーマによっては同じ機能が付いている場合もあります。

高機能なプラグインで様々な機能を持っています。

プラグインを有効化することで記事ページのSEO設定を行うことができます。

関連キーワードの設定や検索結果での見え方を編集できます。

Classic Editor

記事を作成するフォームを変更するプラグインです。

Classic Editorを有効化することで従来の編集画面で作業することができます。

ブロックエディターはまとめページを作成するのに便利な時もありますが、基本はClassic Editorで問題ありません。

最後に

これで最低限の設定は終えました。

ワードプレスには便利な機能がたくさんあります。

プラグインも豊富にあるので機能もかなり拡張できます。

奥が深いCMSなのでどんどん使い込んでいきましょう。
ワードプレス運営が”有利になる”セットアップします SEO対策、多彩な機能、レスポンシブ(スマホ表示)最適化

タイトルとURLをコピーしました