osclassとは?

CtoC型のサイト

CtoC型のサイトは、利用ユーザーがサイトに様々な商品・広告を掲載し、ユーザー同士がサイトを通じて連絡を取り合い、直接やりとりする仕組みを持ったWEBサイトです。

クラシファイドサイトとも呼ばれます。

サイトの性質上、会員登録機能やログイン機能などを有しています。

代表的な例はメルカリなどのフリマサイト、ジモティーなどがあります。

どちらもユーザー同士の取引をメインコンテンツとしています。

売りたい人」と「買いたい人」をマッチングさせているのです。

そして販売した人から手数料(マージン)を貰うことで収益を得ています。

マッチングサイトは利用者が増えれば増えるほど、比例して収益が伸びていきます。

新しいWEBサービスを作ろうとしている人には夢のあるCMSと思います。

無料で使えるCMS『osclass』

まずCMSとは、フリーで使えるWEBシステムです。

ワードプレスEC-CUBEなどもCMSとなります。

osclass→マッチング特化
ワードプレス→ブログ特化
EC-CUBE→ネットショップ特化

目的に応じて選択しましょう。

今回紹介しているosclassを利用すれば、マッチングサイトやフリマサイトを少ない手間で構築することができるようになります。

osclassのメリットとデメリットを見ていきましょう。

osclassのメリット

マッチングサイトに必要な機能が揃っている

一部抜粋

osclass初期状態の

サイトの一部を切り取ったスクショです。

細かくカテゴリー分けされており、初期状態でそれらしい画面になっています。

あとはサイトのテーマに合わせて変更を加えていくだけです。

他にも

  • 会員登録機能
  • 会員管理機能
  • 都道府県や地域での検索

などがあります。

標準機能なので崩れにくい

上記の機能は全てosclassに付いているものです。

ワードプレスでの運用となるとワードプレス+プラグインという構成になってしまい、サイトが上手く動作しなくなったりする可能性が高くなります

ワードプレス本体の更新は頻繫に行われます。

もしプラグイン側がワードプレスの更新に対応していなければ動作不良を起こす危険性があります。

その点osclassは全ての機能が標準なので、動作不良の可能性は減るでしょう。

制作さえしてしまえば放置できる

ワードプレスによる運営ではサイトを更新し続ける必要があります。

新しい記事を書いていかないと収益を生み続けることはできません。

ネットショップでも発送や不具合対応などが発生します。

その点マッチングサイトはユーザー同士のやり取りがメインとなるので、自然にコンテンツが増えていく特徴があります。

あくまで交流の場を提供することが目的となるのです。

一定数のユーザーを獲得したらある程度は放置で運営が可能です。

参入障壁が高い=ライバルが少ない

“参入障壁が高い”というのは一見デメリットに感じます。

マッチングサイトはコンピューター初心者が「とりあえず作ってみよう!」と安易に作成できるものではありません。

ワードプレスのようにメジャーなツールとなっていないので、サーバー会社の簡単インストールにも対応していません

まずサイトを立ち上げるだけでもサーバーデータベースなどの知識が必要となります。

インターネットで調べても情報が少ないのが現状です。

そもそもosclassの存在を知っている人が少ないのです。

思い立ってすぐに始められるものではないので、その分ライバルが少なく参入チャンスが多いと言えます。

osclassのデメリット

日本語対応が不十分

osclassには言語翻訳できる機能があります。

その中に日本語はあるものの、完全には翻訳されておらず、テーマの変更によって崩れたりもします。

文字列を変えていくには自分で翻訳データをアップロードするか、ソースコードを書き換えていく必要があります。

情報が少ない

利用者数がワードプレスなどのCMSより遥かに少ないので、インターネットにも情報が少ないのが現状です。

サイトに変更を加えようとしても「同じことを実践した人」が少ないので、方法が分からない場合が多いです。

そういう時は自分で試行錯誤する必要があります。

専門的な知識が必要

osclassの管理画面には運営に必要な項目しかありません。

デザインやサイトの構成に変更を加えるときはソースコードを触らなければいけません。

プログラミング初心者にはハードルが高いCMSです。

まとめ

osclassはCtoC型のサイトが簡単に作成できる魅力的な無料CMSです。

ですが情報量の少なさと専門的な知識が必要になります。

おそらくサイトを立ち上げるまでに膨大な時間を使うことになるでしょう。

ですが参入障壁が高いからこそ、CtoC型のサイトは少ないのです。

ワードプレスを利用したアフィリエイトブログなどは飽和状態です。

どの分野もサイトやブログが溢れており、必ず誰かと競合することとなります。

その分osclassはサイト立ち上げが難しいからこそ、競合相手が少ないと言えます。

時間がかかることに間違いありませんが、戦えるステージへ行くことができます。

アイデア次第で爆発的に伸びるサイトを作れる一つの手段であることには間違いありません。

osclassを使うには?

コンピューターに関する知識が少ない方はインストールをするに当たり、おそらく膨大な時間を費やすことになると思います。

osclassに関する情報が少ないことも時間を費やす理由の一つです。

インストールやセットアップが必要なのはサイト立ち上げ時だけなのに、今後必要のない知識を得る為に時間を費やすことはもったいないと思います。

無駄な時間を省き、サイトの構成を練る時間に充てることができます。
osclassのインストールからセットアップします osclassのカスタマイズを開始できるところまで代行します

タイトルとURLをコピーしました