記事投稿でのSEO対策

様々なSEO対策

SEOについて調べると様々な対策方法が出てきます。

  • 被リンク
  • PING送信
  • 内部リンク最適化

など色々実践されていると思います。

それらの対策は決して無駄ではなく、意味のある行為です。

ですがこれらの設定を行うだけで対策できているとは言えません。

クライアントに、SEO対策の設定は行っていても、記事の書き方による対策を行っていない人が多くいます。

今回は意識するだけでできるSEO対策を紹介します。

個別記事でのSEO設定

まず最重要になるのが個別記事でのSEO設定です。

その設定を行えるようにするプラグインに、有名なものだとAll in one SEO packなどがあります。

使っているテーマに機能が付いている場合もあります。

これらの機能により投稿記事本文の下にSEOに関する設定項目が出てきます。

こちらの設定が非常に重要です。

SEOタイトル

SEOタイトルとは、検索結果に表示される記事タイトルです。

記事編集ページ最上部にあるタイトルとは別物です。

SEOタイトルのみ結果に表示されるのでとても重要な設定項目となります。

狙いのキーワードを入れつつ、クリックされるようなタイトルを考えて決定してください。

メタディスクリプション

メタディスクリプションとは、検索結果に表示されるタイトルの下にある説明文です。

ここに記事の大まかな概要を記入します。

こちらにも狙いキーワードを入れつつ、クリックされるような文章を記入します。

「どのような情報を載せているページか」
「どのような人に見てもらいたいか」

ターゲットを狙う文章にしましょう。

メタキーワード

こちらには最も狙うキーワードを記入します。

複数のキーボードを記入する際は,(半角コンマ)区切りにします。

複数のキーワードを決めることができますが、1~3つまでが推奨とされています。

また、記事毎にキーワードを変える方が効果的でしょう。

記事本文でのSEO対策

記事本文を書くときにもSEOを意識することが重要です。

具体的に実践することを紹介します。

見出しタグにキーワードを入れる

見出しタグで囲われた文章は重要なキーワードと認識されます。

太字マーカーのみで記事を執筆している人がいます。

せっかくの記事ですので見出しタグを積極的に活用しましょう。

違和感なくキーワードを散りばめるように意識してください。

また、適切な見出し数になるように心がけます。

見出しの階層を意識する

見出しはキーワードと認識されるだけではなく、記事の構成を伝える役割を持っています。

検索エンジンに認識されやすいように使うと効果的です。

具体的には、階層を作ることが必要です。

見出し3→見出し2→見出し4

となっていては階層が望ましくありません。

見出し2→見出し3→見出し4…
見出し2→見出し3→見出し4…

という構成が望ましいです。

コンテンツ量

Googleは「分かりやすく、優良なコンテンツ」を作るよう促進しています。

結果から見ると優良なコンテンツとみなされるにはコンテンツ量も重要だと分かります。

無意味な文章を入れすぎてしまうと分かりやすいコンテンツとはみなされないかもしれません。

結果順位の決め方は公開されていませんが、コンテンツ量(文字数)が重要なことは明白です。
ワードプレス運営が”有利になる”セットアップします SEO対策、多彩な機能、レスポンシブ(スマホ表示)最適化

まとめ

被リンク対策やクローラー対策など、SEO対策には様々な方法があります。

それらの方法は無駄ではなく、ブログ運営を有利にする意味のある設定です。

ですがSEOに最も重要なものは良質なコンテンツユーザビリティーです。

せっかく中身の濃い良質なコンテンツを作成しても、そのコンテンツを正確に検索エンジン・ユーザーに伝えなければ意味がありません。

  • 見出しの使い方で検索エンジンに伝える
  • メタ設定でユーザーに伝える

これらを実践することで、作ったコンテンツがさらに意味のあるものとなります。

せっかく作ったコンテンツです。

努力が無駄にならないよう、最大のパフォーマンスを発揮させましょう。

タイトルとURLをコピーしました