無料で独自ドメインを取得できる『freenom』

レンタルサーバーと同じくサイト・ブログ運営に欠かせないドメイン

アフィリエイトブログなどを運営している人は「複数のブログを使い分けたい」と考えることもあるでしょう。

有料ドメインで複数のブログを運営してしまうと、維持費もバカにはならなくなってきます。

そんな時にオススメなのが無料でドメインを取得できる『freenom』です。

限られたドメイン形式にはなりますが、複数の独自ドメインを取得することができます。

複数ブログを運営だけでなく、趣味ブログや日記ブログなど、URLに拘らない個人的なブログにもオススメです。

無料ドメインの種類

現在、無料で利用できるドメインは5種類用意されています。

○○.TK
○○.ML
○○.GA
○○.CF
○○.GQ

無料ドメインにしては少ない文字数でシンプルです。

格安の有料ドメインを利用するよりスタイリッシュなURLになります。

.tkであれば東京感も出るので日本向けかもしれません。

当ブログも.tkを使用しています。

メリット

freenomを活用するメリットや、おすすめの使い方。

好みのドメイン名を取得しやすい

freenomの無料ドメインはマイナーな形式です。

.com.jpなどメジャーなドメインでは既に使用されているドメイン名であっても、freenomなら使用できる可能性が高くなります

「使用しようとしたドメイン名が既に使用されている」というのはよくあります。

どうしても使用したいドメイン名がある場合や、人気な文字列を使用したい場合はfreenomという選択肢もあります。

運営コストを大幅に削減できる

やはり無料で取得できるという点は最大の魅力です。

人気ドメインであれば年間数千円かかる費用が0になります。

これからアフィリエイトを始めようとする人個人ブログを持ちたい人は気軽に始められるのではないでしょうか。

複数のドメインを取得できる

freenomでは1つのアカウントのみで、複数のドメインを取得することができます。

ドメインを取得できるWEBサービスは他にもありますが、1つしかドメイン取得できないサイトが多いです。

複数のブログを持つことができるようになるので、ジャンルに応じたブログサイトの使い分けをしたり、自身での相互リンクを行うことができます。

現在メインで運営しているサイトがある人も、別にブログサイトを立ち上げて集客に使うなどの選択肢が増えます。

テスト環境として使える

レンタルサーバーを持っているのであれば、無料ドメインを使いテスト環境として使えるのも便利です。

現在運営しているサイトに新しいプラグインを導入したい時などに、あらかじめテストする環境として使えます。

あらかじめテストをすることで、メインサイトに起こる不具合の確率を下げることになります。

使ったことのないプラグインを導入したり、新しい機能が欲しくて色々試してみたい時などに重宝します。

デメリット

無料で使えるドメインなのである程度の制約もあります。

日本語対応が弱い

freenomは海外のWEBサービスです。

一応日本語にも対応していますが、片言な日本語翻訳です。

意味は理解できますが完全な日本語対応とは言い難いのが現状です。

コンテンツに制限がある

コンテンツ、つまり運営できないジャンルのサイトがあります。

  • 人種差別
  • アダルトサイト
  • 麻薬、ドラッグ取り扱い
  • 兵器、銃火器取り扱い
  • カジノ、ギャンブル
  • ウイルス、スパイウェア
  • 空白のサイト など

これらは利用規約により禁止されています。

当然のことですが、犯罪を促進したり違法な物に関わるサイトはNGとなっています。

通常のブログサイト運営にはなんの関係もないと思います。

無料契約では移管できない

無料で取得したドメインの管理を日本のドメイン会社に移管することはできません。

有料ドメインにアップグレードすることで移管することができるそうです。

freenomの無料ドメインを活用するのはブログやテストサイトに限定するのが無難です。

大規模なWEBサービスを展開するのにはリスクが高いと思われます。

「SEOに不利」という見方もある

「.jpや.comなどのトップレベルドメインと比較するとGoogleからの評価が低いのでは」
という意見もあります。

Googleからの評価については公表されていないので真相は分かりません。

ですがGoogleは良質なコンテンツユーザーファーストを最重要視していると公表しています。

そしてGoogleの公表に偽りはないでしょう。

不利になる可能性があり不安ならば有料のドメインを取得しましょう。

無料ドメインサービスfreenom

タイトルとURLをコピーしました