【SEO対策】中古ドメインのメリット・デメリット

中古ドメインとは?

中古のドメインとは過去にWEBサイトとして使用されていたドメインのことです。

前のサイト運営者がサイトを閉鎖していたり、契約期限が切れて空きとなっているドメインです。

そのドメインが運営されていたドメイン年齢や、過去に集めていた被リンク、直接のアクセスを受け継ぐことができるSEO対策の一つの手段です。

過去の評価を受け継ぐので、新規のドメイン取得よりも料金は割高になります。

今回は中古ドメインを使うことによるメリットとデメリット、注意する点を紹介していきます。

中古ドメインのメリット

中古のドメインを使うことによって受けられる恩恵やメリット。

ドメインの運用歴を受け継ぐ

検索結果に上位表示させるGoogleの判断材料の一つにドメイン年齢があります。

長期間に渡って運営されているサイト程、Googleからの評価は高くなる傾向にあります。

立ち上げたサイトやブログがどれだけユニークで需要がある分野でも、どれだけやる気を出して投稿しても、時間だけは解決することができません。

コツコツと長い月日をかけて評価を上げていく必要があります。

その点、中古ドメインを活用すれば年月の問題は解決することができるのです。

中古ドメインを活用することで、早い段階でサイトを上位表示できることが期待できます。

被リンクを受け継ぐ

過去のサイトが獲得していた被リンクをそのまま受け継ぎます。

被リンク数はGoogleからの評価にも大きな影響を与える要因の一つです。

ドメインを取得した時点で大量の被リンクがあれば、Googleからの評価を受けやすい状態となります。

またクローラーと呼ばれる検索エンジンの巡回システムはリンクを辿ります。

被リンクが多ければ、サイトのインデックス速度上昇にも繋がります。

単純に被リンクからのアクセスにも期待ができます。

過去のサイトが受けていたブックマークなどからの直接流入も少なからずあるかもしれません。

中古ドメインのデメリット

中古のドメインを活用することでのデメリット。

ドメインが決めれない

新規でドメインを取得する場合はドメイン名を決めることができます。

中古ドメインの場合は過去に取得されたドメインの中から選択することになるので、自由にドメイン名を決めることができません

ブランドURLが必要なネットショップやWEBサービスには使用しにくいかもしれません。

アフィリエイトブログなどでは大きな問題とはならないでしょう。

ペナルティーを受けているドメイン

Googleのポリシーに違反していたドメインなどがある場合があります。

過去にアダルトサイトや違法薬物などのコンテンツを配信していたドメインは必ず避けましょう。

そういった粗悪なドメインを取得してしまうのを防ぐために、中古ドメインを購入する会社は信頼できる会社にしましょう。

アクセス中古ドメインは審査もしっかりしていて安心できる会社です。

まとめ

中古ドメインはサイト・ブログの立ち上げをスムーズにするSEO対策としては有効な手段です。

ですが過去に運営されていたサイトによっては不利益が生じる可能性がある為、慎重に中古ドメインを選ぶ必要があります。

また”中古”という特性上、ドメイン名を決めることもできません。

新規のWEBサービス開発や、ブランド力が必要となるネットショップには不向きと言えます。

これから本気でアフィリエイトブログをやろうとしている人やランキングサイト比較サイトなど、雑記系サイトには有効と思えます。

中古ドメインはスタートダッシュに役立てることができる手段ですので、目的に合わせて活用していきましょう。

中古ドメインを取得するには

中古ドメインは過去にペナルティーを受けていたりする可能性があります。

リスクを回避する為にも信頼のできる大手会社を選択するようにしましょう。

アクセス中古ドメイン』はドメインの質にこだわって販売しています。

メインサイトサブブログサテライトサイトなど用途に合わせたラインナップを取り揃えています。

また万が一にもペナルティーを受けていた場合、ドメインを返品することができるのも安心です。

タイトルとURLをコピーしました